お湯と白湯の違いって?白湯の正しい飲み方と驚くべき美容効果!

みなさまこんにちは♪ コンディショニングジムWELLSです!

今日は冬の時期に体を芯から暖める白湯のご紹介です!

飲むだけで体に嬉しい効果がたくさんあると言われている白湯習慣。

白湯とは沸かしただけの何も入れていないお湯の事で、血行や代謝もよくなるので、ダイエットや冷え性改善など様々な美容効果が期待できます。

でも実はただお湯を飲めばいいわけではなく、適正な温度やおすすめの飲み方があります。

①お湯と白湯の違いって?

・お湯とは、水を温めたものです。
・白湯は沸騰させたお湯を50℃くらいまで冷ましたもので、一度沸騰させるので、水道水のような不純物もなく口当たりも柔らかくなります。

②白湯の作り方

1.やかんに水を入れ強火で沸騰させる。
2.やかんのフタを取り、湯気が上がるようにする。
3.沸騰したら火を弱め、10~15分間沸かし続ける。
4.その後火を止めて50℃ほどの飲める温度で冷ます。

③白湯を飲むタイミング

・朝、起きた直後
朝食を食べる前の胃に何も入っていない状態で飲むことで、腸内を浄化させて身体をキレイにしていきます。また腸が刺激されるので便通も良くなり腸活効果も期待できます。
・食事中
昼食、夕食時にそれぞれ1杯飲むことで、内臓機能が温められ活発に働くようになるので、吸収を高めてくれます。また、白湯によって胃腸を温めるので、胃腸の働きを促進させるため代謝が上がり、食事のカロリーが消費されやすくなるといわれています。
・就寝前
内臓が温まり体温が上がるので新陳代謝が促進されます。
また、体に負担の少ない温かい飲み物を飲むことでリラックスして眠りにつきやすくなります。

④白湯の美容健康効果とは?

・デトックス効果
→白湯には不純物が入っていないため体内に吸収されやすく利尿効果が高まります。また内臓が活発に動くようになり、消化作用を促進し体内の浄化に役立ちます。
・ダイエット効果
→エネルギー源となる基礎代謝量が高まるので、自然と痩せやすい体質に!
・便秘やむくみ解消
→白湯を飲むことで内臓機能が高まり、腸の動きを改善して便秘の解消につながることが期待できます!
・冷え性改善
→白湯を飲むことで内臓・胃腸が温まり血行が良くなります!
・美肌効果
→血行が良くなると、老廃物が流れニキビや肌荒れの予防・改善につながるといわれています!


飲む量の目安は1日に600ml~800mlまでが適量といわれています。
白湯に限らず、どんな美容健康法も即効性があるわけではないので、
まずは1日3回食事の前に白湯を飲んで体質改善を始めてみませんか?

冬になって体が冷えてしまと筋肉も緊張して肩こりなどの原因になってしまいます。

WELLSではサーキットトレーニングというトレーニングを行っております。

サーキットトレーニングとは12分間で有酸素運動と無酸素運動を繰り返し、

冷え性解消や脂肪燃焼に効果的で、たった12分で心地よい汗を流して頂けますよ♪

今なら体験時のご入会で、入会金無料と1月分と2月分の会費が無料になるキャンペーンも行っています!

是非この機会に無料体験にいらしてください ♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP