秋の寒暖差は自律神経も乱れがち/食事でこころもからだも整えましょう!

こんにちは。コンデイショニングジムWELLSです。

日々朝晩の寒暖差が激しいですが、皆さまお元気しょうか。

今年は秋を迎えてすぐに冬がきたかと思えば、また暖かくなったり、昼夜の気温差など寒暖差が激しいですね。

こういった寒暖差により、私たちの自律神経は乱れやすくなります。

そうすると、気分の波や肌荒れなどのトラブルにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

自律神経を整えるにはまずは腸からです

腸は第二の脳といわれるくらい、脳に続いて自律神経が多く存在しています。

感情にも深く関わっているため「第二の脳」と言われています。

また、脳との関係も密接なのです。腸の不調は脳に反映され、脳が受けたストレスは腸に反映されます。

すなわち、精神的ストレスは腸の不調となり、腸のストレスは精神的ストレスというように「腸脳相関」という関係性を持ちます。

腸と自律神経の関係性はリラックスが大切

腸の働きには自律神経が大きく影響します。活動神経の「交感神経」が優位なときは腸の蠕動運動が停滞します。一方リラックス神経である「副交感神経」が活発な時はこの蠕動運動がしっかり起こっている状態のときは、腸内の不要物がどんどん押し出され排便がスムーズに行われるため、腸内環境もとても良くなります。

また、この自律神経を整える働きが幸福ホルモンといわれる脳内伝達物質の「セロトニン」は、9割が腸から分泌されているため。腸を整えることでメンタル面だけでなく、美容や免疫効果を高めることができるのです。

あったかスープで自律神経を整えましょう

寒くなったこの時期、私のお勧めの酒粕を使ったスープをご紹介します。

近年話題になっている発酵食品でもある「酒粕」と、食物繊維たっぷりの根菜のごぼう、食物繊維だけでなく免疫力も高めるキノコも入れ、セロトニンを作り出しやすくなるトリプトファンが豊富な鮭を使った味噌スープがお勧めです。

酒粕は便秘改善やダイエット効果があり、さらに保湿や美白効果、シミ予防など嬉しい美肌効果が注目されています。

近年では様々な酒粕が販売されていますが、お料理にお勧めはペースト状になっている酒粕です。固まっていないので、スープにも溶かしやすいのです。

ペースト状の酒粕がない場合は酒粕と同量の水をお鍋に入れ弱火で溶かしてペースト状にするだけです。

普段のおみそ汁を作るときのようにお野菜をおだしで茹で、鮭を焼いて2等分しておきます。

最後にお味噌を加えるタイミングで酒粕も溶かして、お椀にもったら鮭をのせてお好みで、七味唐辛子を加えます。ちなみに私はお味噌と酒粕をお鍋に入れるタイミングで、すり下ろしたショウガを加えます。ショウガを加えることでからだを暖める効果が増し、ポカポカするので血行促進も加わる最強スープとなります。

酒粕やショウガがお好きな方、冷え性の女性には特にお勧めです。

味噌スープのほかにも、投入と酒粕、コンソメで味付けするなど酒粕を使ったアレンジは幅広いので、いろんなテイストでぜひ試してみてくだいね。

WELLSでは11月何度でも無料体験し放題です☆彡

是非お気軽にお越しください、

WELLSで心もからだも健やかに。

お問合せはこちら👇まで

CONDITIONING GYM WELLS

奈良県橿原市葛本町498-2

TEL:0744-48-0771

URL:https://wells-gym.jp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP